ビューティ

イガリシノブの「フーミー」から初のスキンケアシリーズが登場

 イガリシノブ=ヘア&メイクアップアーティストが手掛けるコスメブランド「フーミー(WHOMEE)」は2月22日、初のスキンケアシリーズを発売する。公式ウェブサイトでは2月10日に先行発売する。バラエティショップなどで販売し、価格は1200~2800円。

 今回発売するスキンケアシリーズは、イガリ自身が極度の敏感肌で、どんな肌質の人でも安心して使用できる化粧品を作りたいという思いから、成分や使用感にこだわって開発した。ベーシックラインのクレンジングウオーター、化粧水、乳液、クリーム、日焼け止めクリームは、防腐剤、鉱物油、エタノール、香料、着色料、動物由来成分、紫外線吸収剤の不使用を徹底。共通して抗炎症成分やバリア機能をサポートする成分を配合した。

 また、スペシャルケアラインとしてスキンケア発想のBBクリームやエイジングケアクリーム、ボディー用クリームをラインアップする。

 「もっとコスメに頼ってほしい」という気持ちをもとに作られた「フーミー」は、メイク初心者でも挑戦しやすい基本のアイテムからトレンド感のあるカラーアイテムまで、幅広いメイクアップアイテムをそろえ若年層を中心に人気を集めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら