ニュース

イガリシノブがプロデュースするコスメブランド「フーミー」がお披露目

 ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブが、クリエイティブ・ディレクターとして、クルー(CLUE)から発売される新コスメブランド「フーミー(WHO MEE)」をプロデュースする。2月20日から全国のバラエティショップで発売される。価格は1500〜2800円。

 ラインアップはベースメイクからリップカラー、メイクブラシまで、全24種。イガリシノブの「もっとコスメに頼って欲しい」という気持ちを基に作られた。中心となるのは化粧下地「コントロールカラーベース」(各1800円)で、カラーはブルー、ピンク、イエローグロウ、パープルの4色。肌色を補正して透明感を出すだけでなく、UV効果や大気汚染による肌の刺激もブロック。日本人女性を多くメイクしてきたイガリシノブが、日本人の肌に合う商品に仕上げた。

 「リップスティック」(各1500円)は5色で、ボルドーやブラウンなどターゲットの20代だけでなく、30〜40代の大人世代にも使いやすいカラーをそろえた。その他、手でメイクを施すイガリシノブの手や指先に近づけた熊野筆「メイクブラシ M」(2800円)や、手を汚さず簡単に直せる日焼け止め「クッション UVパクト」(2300円)などを用意した。

 パッケージもイガリシノブが監修し、手染めのタイダイ柄を使用。パステルカラーを基調とし、ブランドのアイコンマークとなっているハートマークが特徴。さらに、イガリシノブが使用方法を解説した用紙が封入されている。

 イガリシノブは「スウィート(SWEET)」や「ヴィヴィ(VIVI)」などの雑誌で活躍し、上気したような頰や潤んだ唇が特徴の“おフェロメイク”を考案。10〜20代の女性を中心に人気を集めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら