ファッション

オンライン飲み会用ルームウエアなど巣ごもり消費で絶好調の「ジェラートピケ」

 マッシュスタイルラボのルームウエアブランド「ジェラートピケ(GELART PIQUE)」が絶好調だ。新型コロナウイルス蔓延の影響で店舗のクローズをはじめ来店客が激減している一方で、ECの売り上げが全体をカバーしている。3月に関しては、実店舗は売り上げ予算を通常の8割強に修正したがほぼ前年並みの達成率だった。一方でECは、セールからホワイトデーギフト、さくらももことのコラボレーション発売、新生活需要の流れで予算比30%増、前年比2倍以上と大幅に売り上げを伸ばした。4月は外出自粛によりEC利用者が急増しており、1~8日で予算比2.2倍以上、前年比3.6倍以上と絶好調だ。

 売れ筋はオンライン飲み会用のルームウエアなどで、画面越しに映える模様や程よくかわいいものだという。新生活需要では、EC限定のイチゴ柄の寝具やマグカップが人気。マグカップは約100個売れた日もあるという。また、歓送迎用のプチギフトとして2月にパッケージをリニューアルした香り付きハンドソープやハンドクリーム、ルームフレグランスミストなどが売れているという。

 もともとルームウエアに特化したブランドで、男女ともに根強いファンがついているということもあり、巣ごもり需要だけでなく、新生活やさまざまなギフト需要に対応するキャッチーな品ぞろえが奏功した結果だろう。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら