ファッション

「リーボック」が1992年に開発した未発売モデル“ポンプ コート”を発売 

 「リーボック(REEBOK)」は、“インスタポンプ フューリー(INSTAPUMP FURY)”のオリジナルデザイナー、スティーブン・スミス(Steven Smith)が1992年にテニスシューズとして開発したが未発売だったモデル、“ポンプ コート(PUMP COURT)”を4月11日に発売する。同モデルは2019年の春に、“インスタポンプ フューリー”発売25周年記念の一環として開催したイベント「リーボック ナインティーズ ハウス(REEBOK 90S HOUSE)」において日本で初めて披露された。サイズは23.5〜29.5cmで、価格は2万2000円。「リーボック」公式オンラインストアやリーボックストア 渋谷(4月9日から5月6日まで休業中)などで取り扱う。

 同モデルは当時開発されたシューズをベースに、最新のフルレングスソールを用いて現代風にアップデートした。「リーボック」独自のテクノロジーである“ザ・ポンプ・テクノロジー”の空気が入る部分と、同モデルの特徴のストラップを一体化させたアッパーが特徴だ。カラーリングはライトグリーンやイエロー、パープルなどでポップに仕上げた。今回の発売を皮切りに、今後さまざまなデザインを販売していく予定だ。

 “ポンプ コート”を生んだ開発チーム「RAC(REEBOK ADVANCED CONCEPTS)」は、商品開発・化学・スポーツ科学・デザインの分野に精通したメンバーで80年代に結成された。これまで「RAC」は、ブランドを象徴するテクノロジー“ザ・ポンプ・テクノロジー”と、それを初めて搭載して89年にバスケットボールシューズとして登場した“ザ・ポンプ(THE PUMP)”を開発した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら