ファッション

「リーボック」とヴィクトリア・ベッカムのコラボ第3弾 街中でも着られるトレーニングウエア

 「リーボック(REEBOK)」は2月27日、ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)とのコラボレーション第3弾となる2020年春夏コレクションを発売した。取り扱い店舗はリーボックストア 渋谷、リーボックオンラインショップ、バーニーズ ニューヨーク銀座店、バーニーズ ニューヨークオンラインストア、伊勢丹新宿本店。「リーボック」のアーカイブをもとに、90年代のスポーツウエアのリラックスした雰囲気を融合した。

 「私のライフスタイルとシンクロするような服が作りたかった」と語るヴィクトリアの考えを反映し、トレーニングシーンをはじめ街中や学校への送迎などの日常生活でも活躍するアイテムをラインアップ。UVカット効果が高く収縮性のある着心地のよいアパレルをメインに、シャープなデザインに仕上げた。ボマージャケットやパーカ、スエットシャツ、ショートパンツなどを取りそろえる。

 そのほかクロスボディーバッグやトートバッグなどのアクセサリーには弱はっ水加工を施したナイロンキャンバスを使用し、ビーチでも使用できるようシーズンに合わせてアップデート。フットウエアでは前作に引き続き“ボルトン”“デュアルコート”に加え、流線型的なシルエットの新モデル“ラピード”を用意する。

 カラーリングはカリフォルニアのスイミング・サーフカルチャーからヒントを得て、ホワイトやベージュなどのソフトな色合いを中心に、鮮やかなクラインブルーなど春らしさを重視した。素材には日本製のタオル地や通気性のあるコットンとシルクを織り交ぜ、“リラックス”をテーマに肌触りのよさにもこだわった。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら