ファッション

「ジーユー」が丸山敬太とコラボ キッチュなアジアン雑貨に注目

 ファーストリテイリング傘下の「ジーユー(GU)」は4月20日から、丸山敬太が手掛ける「ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)」と協業した商品を、全国の店舗と自社ECで販売する。1990年代から東京ファッションをけん引してきた丸山監修のもと、90年代のカジュアルトレンドを現代のストリートトレンドと掛け合わせて表現する。

 「東京にある多国籍なマルシェ(市場)をイメージ」したという、“マルヤマ ナショナル マーケット”がテーマ。「ケイタ マルヤマ」のアーカイブをアレンジし、パンダなどアジアンテイストのモチーフで丸山らしいオリエンタルなムードを取り入れる。横浜の中華街を想起させる、シュウマイの「崎陽軒」とのトリプルコラボのTシャツ(1490円)やバンダナも作った。

 ウィメンズウエア(Tシャツ1490円、ブラウス1990円、ミディー丈ドレス2990円など)、キッズウエア(Tシャツ990円、ティアードスカート1690円など)のほか、キッチュな雑貨類やパジャマも充実しており、話題を呼びそうだ。パンダ柄ポーチ(1490円)やサテン地の巾着(2490円)、刺しゅう入りソックス(390円)、スマホケース(1990円)、刺しゅう入りパジャマ2990円など。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。