ファッション

「ジーユー」が丸山敬太とコラボ キッチュなアジアン雑貨に注目

 ファーストリテイリング傘下の「ジーユー(GU)」は4月20日から、丸山敬太が手掛ける「ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)」と協業した商品を、全国の店舗と自社ECで販売する。1990年代から東京ファッションをけん引してきた丸山監修のもと、90年代のカジュアルトレンドを現代のストリートトレンドと掛け合わせて表現する。

 「東京にある多国籍なマルシェ(市場)をイメージ」したという、“マルヤマ ナショナル マーケット”がテーマ。「ケイタ マルヤマ」のアーカイブをアレンジし、パンダなどアジアンテイストのモチーフで丸山らしいオリエンタルなムードを取り入れる。横浜の中華街を想起させる、シュウマイの「崎陽軒」とのトリプルコラボのTシャツ(1490円)やバンダナも作った。

 ウィメンズウエア(Tシャツ1490円、ブラウス1990円、ミディー丈ドレス2990円など)、キッズウエア(Tシャツ990円、ティアードスカート1690円など)のほか、キッチュな雑貨類やパジャマも充実しており、話題を呼びそうだ。パンダ柄ポーチ(1490円)やサテン地の巾着(2490円)、刺しゅう入りソックス(390円)、スマホケース(1990円)、刺しゅう入りパジャマ2990円など。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら