ファッション

「ジーユー」が丸山敬太とコラボ キッチュなアジアン雑貨に注目

 ファーストリテイリング傘下の「ジーユー(GU)」は4月20日から、丸山敬太が手掛ける「ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)」と協業した商品を、全国の店舗と自社ECで販売する。1990年代から東京ファッションをけん引してきた丸山監修のもと、90年代のカジュアルトレンドを現代のストリートトレンドと掛け合わせて表現する。

 「東京にある多国籍なマルシェ(市場)をイメージ」したという、“マルヤマ ナショナル マーケット”がテーマ。「ケイタ マルヤマ」のアーカイブをアレンジし、パンダなどアジアンテイストのモチーフで丸山らしいオリエンタルなムードを取り入れる。横浜の中華街を想起させる、シュウマイの「崎陽軒」とのトリプルコラボのTシャツ(1490円)やバンダナも作った。

 ウィメンズウエア(Tシャツ1490円、ブラウス1990円、ミディー丈ドレス2990円など)、キッズウエア(Tシャツ990円、ティアードスカート1690円など)のほか、キッチュな雑貨類やパジャマも充実しており、話題を呼びそうだ。パンダ柄ポーチ(1490円)やサテン地の巾着(2490円)、刺しゅう入りソックス(390円)、スマホケース(1990円)、刺しゅう入りパジャマ2990円など。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら