ファッション

スマホを除菌するサニタイザー発売 「ケースティファイ」の新型コロナ対策プロジェクト

 香港とロサンゼルスをベースに、カスタマイズできるスマートフォンケースなどを手掛けるライフスタイルブランド「ケースティファイ(CASETIFY)」は、スマートフォンを除菌できるUVサニタイザーを発売した。

 水銀を使用しない6つのUVランプを内蔵したサニタイザーにスマートフォンを3分間入れておくと、表面の雑菌を99.9%除菌することができ、同時にワイヤレス充電もできる。「ケースティファイ」のオンラインストアのみの販売で、価格は1万3200円。同商品の利益は、アメリカのNGO団体「グローバル ギビング(GLOBAL GIVING)」が運営するクラウドファンディングサイト内にある、新型コロナウイルス感染者の救済や感染拡大防止のプロジェクトに100%寄付される。同商品の発売は、先ごろ「ケースティファイ」が開始した新型コロナウイルス対策を支援する活動の一環。

 「ケースティファイ」を2011年に設立したウェスリー・ウン(Wesley Ng)最高経営責任者は、「世界約180カ国で当社の商品を購入しているお客さまの健康と安全を最優先に考え、何ができるか検討を重ねてきた結果、新型コロナウイルスの予防策の取り組みを開始した。先が見えない不安の中で、少しでも心のゆとりを取り戻す助けになればいい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら