ビジネス

「レイ」や「ジゼル」を発行 主婦の友社の社長が交代

 女性誌「レイ(Ray)」や「ジゼル(GISELe)」などを発行する主婦の友社は、4月1日付の人事を発表した。3月31日の臨時取締役会で正式に決議される予定だ。同社の矢﨑謙三社長は副社長となり、新社長にはカルチュア・コンビニエンス・クラブのグループ会社、カルチュア・エンタテインメントの子会社である徳間書店の平野健一社長が就く。

 平野新社長は1954年5月25日生まれ、神奈川県出身。早稲田大学教育学部卒業後、77年に徳間書店に入社。週刊誌「アサヒ芸能」の記者や月刊誌「グッズプレス」の編集長を経て、2005年には月刊誌「食楽」を創刊。13年に同社の社長に就任し、現在に至る。2019年6月には徳間書店と同じくカルチュア・エンタテインメントの傘下となった主婦の友社の取締役に就いていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら