ファッション

TSI子会社が米ゴルフクラブ「ピン」のウエア販売 国内ライセンス契約結ぶ

 TSIグルーヴアンドスポーツ(東京、仙座学社長)は、米ゴルフクラブメーカーのピン(PING)と日本におけるゴルフウエアのライセンス販売契約を結んだ。4月から百貨店や同社直営店での取り扱いを始める。同社は2019年に米ゴルフクラブ「キャロウェイ(CALLAWAY)」のアパレル事業から撤退しており、用具ブランドとして知名度の高い「ピン」を後継として育成する。3年後に売上高20億円、5年度に35億円を目指す。

 デビューコレクションとなる20年春夏物はメンズ・ウィメンズで計30型ほど。価格はポロシャツで1万2000〜1万4000円、ボトムスで1万3000〜1万7000円。高機能な用具のイメージを尊重し、デザインはシンプルでスポーティーに仕立てる。メンズは40〜50代、ウィメンズは30〜40代をターゲットにする。

 TSIグルーヴアンドスポーツは「パーリーゲイツ(PEARLY GATES)」「ジャックバーニー(JACK BUNNY)」「ニューバランスゴルフ(NEW BALANCE GOLF)」などのゴルフウエアを販売している。仙座社長は「以前から『ピン』のゴルフウエアをやりたいと機会を伺っていた。ギアブランドなので、そのイメージを維持したパフォーマンスウエアを提供したい」と語る。ピンのジョン・K・ソルハイム(John Karsten Solheim)社長は「これまでウエアは日本企画やグローバル企画で展開していたが、うまくいかなかった。TSIグルーヴアンドスポーツの知見に大きな期待を寄せている」と話した。

 ピンは1959年にアリゾナ州で創業したゴルフクラブメーカー。個人の要望に応えるカスタムフィッティングが支持され、近年グローバルで2ケタ成長が続いており、日本での市場シェアは3位の15%台に達する。人気プロゴルファーの渋野日向子選手もゴルフクラブでは「ピン」と契約している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら