ビジネス

「バートン」運営会社のCEOにジョン・レイシーが昇進 創業者の妻ドナ・カーペンターは会長に

 米スノーボードブランド「バートン(BURTON)」を運営するバートンスノーボード(BURTON SNOWBOARDS)は2月20日、ジョン・レイシー(John Lacy)がCEOに就任することを発表した。レイシーCEOは1年間半にわたって、オーナーであるドナ・カーペンター(Donna Carpenter)とともに共同CEOを務めていた。ドナは、昨年11月に死去した同社の創業者、ジェイク・バートン・カーペンター(Jake Burton Carpenter)氏の妻であり、今後はオーナー兼会長となる。

 ドナは「この昇進は自然な流れであり、ジェイクと私がかなり長い間考えてきたことだ。 数年前に、もしCEOになりたいのであればいくつかやるべきことがあるとジョンに伝えた。優秀なリーダーシップチームを作ること、ブランドとカルチャーを強化すること、戦略プランに注力し確かな業績を達成すること――ジョンはそれらに取り組み、彼が社長兼共同CEOとなって以降、私たちのビジネスは一貫して安定している」と語った。ドナによると、ジョンは常に会社を経営したいと思っており、これまで着任した全ての役職において優秀な成績を収めてきたと言う。

 ジョンは1997年に「バートン」でのキャリアをスタートさせた。ライダーサービスでユーザーの電話対応から始まり、カスタマーサービス、プロダクト開発、セールス、プロダクトの部署全体を管理する役員など、さまざまな業務に携わった。2018年の末に共同CEOとなって以降、売上高を伸ばし、在庫削減、D2Cの取り組み強化などを行い、2年連続で業績目標を上回った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら