ファッション

1987年設立のスケートボードカンパニー「ワールド インダストリーズ」が日本初上陸

 「ワールド インダストリーズ(WORLD INDUSTRIES)」は日本における本格展開として、2月5日に公式オンラインストアと全国の取り扱い店舗で販売を開始した。それに伴い、日本公式ウェブサイトとインスタグラムを開設した。

 ファーストコレクションは、コーチジャケットやTシャツ、パーカ、キャップなど19点をラインアップする。価格帯は5000〜2万円。ブランドのアイコンとも言えるアメリカのグラフィックアーティスト、マーク・マッキー(Marc McKee)が手掛けたキャラクター“デビルマン”“フレイムボーイ”“ウェット・ウィリー”をプリントしたTシャツや、レトロコープロゴを使用したアイテムなどを用意。タイダイ染めをはじめネオンカラーやニュアンスカラーを採用し、ブランドのレトロカルチャーを感じさせる新たなストリートスタイルを提案する。

 「ワールド インダストリーズ」はスケーターのスティーブ・ロッコ(Steve Rocco)が1987年にアメリカ・サンタモニカで設立。その後、レジェンドスケーターのロドニー・ミューレン(Rodney Mullen)やマイク・バレリー(Mike Vallely)が加わり本格的にスタートした。当時フリースタイルが主流だったスケートでストリートスタイルを発展させ、人気を博した。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら