ファッション

1987年設立のスケートボードカンパニー「ワールド インダストリーズ」が日本初上陸

 「ワールド インダストリーズ(WORLD INDUSTRIES)」は日本における本格展開として、2月5日に公式オンラインストアと全国の取り扱い店舗で販売を開始した。それに伴い、日本公式ウェブサイトとインスタグラムを開設した。

 ファーストコレクションは、コーチジャケットやTシャツ、パーカ、キャップなど19点をラインアップする。価格帯は5000〜2万円。ブランドのアイコンとも言えるアメリカのグラフィックアーティスト、マーク・マッキー(Marc McKee)が手掛けたキャラクター“デビルマン”“フレイムボーイ”“ウェット・ウィリー”をプリントしたTシャツや、レトロコープロゴを使用したアイテムなどを用意。タイダイ染めをはじめネオンカラーやニュアンスカラーを採用し、ブランドのレトロカルチャーを感じさせる新たなストリートスタイルを提案する。

 「ワールド インダストリーズ」はスケーターのスティーブ・ロッコ(Steve Rocco)が1987年にアメリカ・サンタモニカで設立。その後、レジェンドスケーターのロドニー・ミューレン(Rodney Mullen)やマイク・バレリー(Mike Vallely)が加わり本格的にスタートした。当時フリースタイルが主流だったスケートでストリートスタイルを発展させ、人気を博した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら