ビジネス

伊スローウエアが東京ミッドタウン店移転、岩田屋に出店 「三越伊勢丹と関係を強めたい」

 イタリア・ベネチアを本拠とするスローウエア(SLOWEAR) の日本法人スローウエアジャパンの出店戦略が動いている。2月は東京ミッドタウン(六本木)の店舗を同館内のイセタンサローネ(ISETAN SALONE)に移転した。スローウエアが手掛けるパンツの「インコテックス(INCOTEX)」、ニットの「ザノーネ(ZANONE)」、ジャケットの「モンテドーロ(MONTEDORO)」、シャツの「グランシャツ(GLANSHIRT)」の4ブランドを販売しているが、メンズとウィメンズを複合した初の売り場だ。

 また、福岡・岩田屋本館5階にメンズのショップ(約50平方メートル)をオープンした。これで、東京・丸の内のスローウエア東京丸の内店、大丸神戸店と合わせて直営店は4店舗となる。

 鈴木雄一朗スローウエアジャパン社長は「百貨店からの出店依頼は多い。これを機に、三越伊勢丹グループとはリテールの関係性を強めたい」と話した。

 スローウエアの直営店はミラノ、ニューヨーク、パリ、ミュンヘン、ウィーンなど世界に30店舗あるが、1月にオープンしたミラノのソルフェリーノ通り18番地(VIA SOLFERINO 18)のショップは、イタリアの発泡ワイン「フランチャコルタ(FRANCIACORTA)」のバーを併設した新しいコンセプトのショップだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら