ファッション

伊藤忠が「インコテックス」など伊スローウエア4ブランドの独占販売権取得

 伊藤忠商事はこのほど、メンズのパンツブランド「インコテックス(INCOTEX)」などを手がけるイタリアのアパレル企業スローウエア(SLOWEAR)の独占輸入販売権を取得した。これまで直営店を運営してきたスローウエアジャパンに加え、子会社で輸入卸のコロネットを通じ、インポートアイテムの販売を強化する。

 スローウエアはイタリア・ヴェネツィアを本拠としており、「インコテックス」のほか、アウターウェアブランドの「モンテドーロ(MONTEDORO)」、ニットの「ザノーネ(ZANONE)」。シャツの「グランシャツ(GLANSHIRT)」などを展開しており、卸を軸に、現在はミラノやロンドン、パリ、東京などに世界の主要都市に小売店舗を32店舗出店している。日本では東京・丸の内、大丸神戸店、博多の岩田屋本店の3店舗。

 2021-22年秋冬からは、コロネットを通じ、百貨店や専門店、セレクトショップへの卸を強化。それぞれのブランドに加え、スローウエアブランドの世界観を打ち出す。3年後に小売ベースで30億円の売上高を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら