ファッション

バンタンが2021年春、名古屋に3スクール開校 ファッション教育の激戦地に

 クリエイティブ分野のスクールを運営するバンタンは2021年4月1日に、名古屋に3つの学校を開く。東京、大阪に次ぐ3拠点目。開校するのは、ファッションとヘアメイクを学ぶバンタンデザイン研究所のほか、ゲームプログラム、キャラクターデザイン、グラフィックを学ぶバンタンゲームアカデミー、そして今年4月に東京に開校するIT専門校バンタンテックフォードアカデミーの3校だ。先ごろ、名古屋駅近くのJPタワー名古屋に入学事務局を兼ねた拠点を開設し、入学検討者向けの説明会を随時行っている。

 名古屋には昨年、モード学園などを運営する日本教育財団が国際ファッション専門職大学を開いたほか、名古屋デザイナー学院や名古屋ファッション専門学校、中部ファッション専門学校など地元に根付いた伝統校などライバルは多い。バンタンは名古屋進出の理由について、「人口が増加している名古屋において、東京、大阪と同じようにバンタンの価値を広めたい」とコメントしている。

 1965年創立のバンタンは東京に6拠点、大阪に4拠点あり、ファッション、ビューティ関連のほか、グラフィックデザイン、映画映像、フォト、スケートボード、ゲーム、アニメ、eスポーツ、パティシエ、カフェなどの多分野においてクリエイティブな人材を育成している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら