ニュース

PR会社のステディ スタディがサニーサイドアップグループの傘下に

 PR会社のステディ スタディ(吉田瑞代・代表取締役)は1月27日、PR代理店大手のサニーサイドアップの親会社のサニーサイドアップグループ (次原悦子・代表取締役社長、以下SSUG)へ全株式を譲渡し、傘下に入ることを発表した。譲渡金額は6億円となる。

 吉田代表取締役はそのまま代表に留まる。またSSUGの渡邊徳人・代表取締役副社長をステディ スタディの代表取締役副社長として迎えるほか、ステディ スタディの岡本慶美、石川亜耶、大竹貴也の3人が執行役員に就任する予定だ。同社は今年創業20周年を迎え、さらなる成長を企図して、多種多様なマーケティング・コンテンツ開発事業を手掛けるSSUGの傘下に入ることを決定。社内体制の強化を図り、より一層の事業発展を目指していく意向を示している。

 ステディ スタディは、2000年にファッション・ライフスタイルブランドのPRを代行するアタッシェ・ドゥ・プレスの先駆け的存在としてスタート。これまで「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ディオール オム(DIOR HOMME)」「クロエ(CHLOE)」「モンクレール(MONCLER)」などを手掛け、国内外でのPR・マーケティング事業を幅広く展開し、グローバルなネットワークやブランディング分野での提案力を強みに成長してきた。

 ステディ スタディの2018年12月期の売上高は4億7300万円、経常利益は5700万円、純利益は3800万円。一方、純資産が1億5200万円、総資産が2億4000万円だった。株式の譲渡実行日は3月1日を予定している。