東京都支援で「マメ」がパリコレ参加へ

アワード

2017/10/21 (SAT) 07:30

 東京都と繊維ファッション産学協議会は21日、新たなファッションコンペ「ファッション プライズ オブ トウキョウ(FASHION PRIZE OF TOKYO以下、FPT)」の第1回の受賞者に「マメ(MAME)」の黒河内真衣子を選出した。同コンペは今後、“東京を代表するインターナショナルブランド”になる可能性を持つブランドをサポートすることを目的に、国内外で知名度のあるファッションブランドを1組選び、パリでのファッションショー発表の支援を行う。

 受賞特典として「マメ」は2018-19年秋冬と19年春夏の2シーズン続けて、パリ・ファッション・ウィーク(以下、パリコレ)でコレクションを発表する場が与えられ、18年3月開催の18-19年秋冬シーズンには「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」でイベントを開催する資金の援助を受ける。

 審査員を務めたのは、セレクトショップと百貨店の名物バイヤー。ロンハーマンの根岸由香里ウィメンズクリエイティブディレクター、高島屋の長尾悦美MD本部レディスファッションディビジョンバイヤー、小木基史ユナイテッドアローズ バイヤー兼ユナイテッドアローズ&サンズ・ディレクターの3人だ。

 高島屋の長尾バイヤーは「バイヤー6年目で最初から見てきたブランド。スタイルが確立され、女性が洋服を着る楽しみを感じられる。また、日本のモノづくりに力を入れ、いつもインスタグラムを通しても伝わってくる。東京だけでなく、日本を代表するブランドとして活躍していってほしい」と選定理由を語った。

 黒河内デザイナーは1985年長野県生まれ。2006年文化服装学院卒業。10年黒河内デザイン事務所を設立し、「マメ」を立ち上げる。11年春夏にデビュー。14年毎日ファッション大賞で新人賞・資生堂奨励賞を受賞。15年春夏からパリで展示会を開催。7年目の現在の取り扱いは国内で約60アカウント、海外は10アカウント。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
  2. 売上高日本一のSC「成田空港」 数年後1500億円規模に

    企業動向商業施設決算
  3. メンズ誌「ワープ・マガジン・ジャパン」が休刊

    雑誌・書籍・媒体休刊
  4. 三愛水着楽園が刷新 ワコール傘下で体型カバー水着も開発

    リブランディング新作イベント
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false