ファッション

「マメ」から初のシューズと下着  着想源はフリーダ・カーロの遺品

 黒河内真衣子による「マメ(MAME)」は2017年春夏、初のシューズと下着を発表した。着想源は写真家の石内都が撮影したフリーダ・カーロのドレスや靴などの遺品と、日本の桜。フリーダが所持していたメキシカンドレスのレースや刺しゅうのディテールと、桜の色をコレクションに取り入れた。

 靴はシルクサテンに花のモチーフを刺しゅうしたミュールで、ピンクと黒の2色をそろえる。キャミソールは、ブラカップの付きでピンクとブルーの2色。ワンピースのインナーとして着用可能なロング丈もラインアップする。価格はシューズが5万6000円、キャミソールが1万7000〜1万9000円。

 また、オリジナルのジャカード素材を使用した財布とクラッチバッグ、「今治タオル」の大判タオルも登場。これまでも定番のPVCバッグやジュエリーなどを展開してきたが、さらに雑貨を充実させて、クリエイションの幅を広げた。

【関連記事】
「マメ」2017年春夏コレクション

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら