ファッション

JWアンダーソンが語る 柳井正との仕事からサステナビリティまで

有料会員限定記事

 ジョナサン・アンダーソンは、業界から熱視線を浴びる現代のスターデザイナーだ。自身の名を冠した「ジェイ ダブリュー アンダーソン(以下、JWA)」を立ち上げてから12年目を迎え、ロンドン・コレクションでは揺るぎない地位を築いている。5年前には、「ロエベ」のクリエイティブ・ディレクターにも就任。デザインだけでなく、クラフトに焦点を当て職人をサポートする「ロエベ クラフト プライズ」を通してブランディングに磨きをかけ、幅広い世代から支持されるメゾンへと刷新させた。年間に16以上のコレクションを手掛ける35歳の彼は、どうクリエイションを生み出しているのか、着想源を京都で探すために来日したアンダーソンに話を聞いた。(この記事はWWDジャパン2019年11月11日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り4960⽂字, 画像13枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら