ファッション

グリーンレーベル リラクシングの2020年春夏 初夏まで着られるジャケット&シャツ

 ユナイテッドアローズが手掛ける「グリーンレーベル リラクシング(GREEN LABEL RELAXING)」の2020年春夏は、薄手のシャツやブラウス、カジュアルなジャケット、ワンピースなど、シーズン立ち上がりから初夏までシーズンレスで着られるアイテムを強化する。

 今季のテーマを“クール&クリア”“モロッココーリング”の2軸で構成し、前者では素材のコントラストを楽しむワントーンのスタイリングを打ち出し、微光沢のあるベージュのセットアップや、差し色にライトパープルのロングワンピースなどをそろえた。

 後者では、アースカラーでまとめたサファリジャケット&ワンピース、モロッコ・フェズの青い街並みをイメージしたシャツ&スカートなどを提案。19-20年秋冬にインポート素材のアウターが好調だったことから、今季はイタリアの「ナリア(NALYA)」や「ファブリカ(FABRICA)」、インドの「ミロ(MILO)」などの生地を使用したシャツをバリエーション豊富に並べる。昨年好評だった体形カバーができるスイムウエアは、ラッシュガードやショートパンツも含めて型数を増やした。

 さらに人気のオリジナルデニムを新たなシルエットにして、2月から店頭で販売。田中安由美ファッションディレクターは「適度な色落ち感はあるけれど古着ではないデニムが、自社のお客さまの好みにフィットしている」と分析。今季はトラウザー、ワイドストレート、フレアワイドなどフィット感にバリエーションのあるパンツとGジャンの4型を大きく打ち出す。

 またサステナブルの取り組みとして、トレーサブルな素材を使用するアイテムには、今季から白いFSC認証のタグを付けて販売する。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら