ニュース

「グリーンレーベル」が大人向け新ラインを始動

 ユナイテッドアローズの「グリーンレーベル リラクシング(以下、GLR)」は2017年春夏、一格上の商品をそろえるレーベル「ブラクトメント」を始動する。価格帯は「GLR」の1.2~1.5倍程度で、ウィメンズのシャツが1万円、ワンピースが1万6000円、メンズのパンツが1万2000円、ジャケットが2万2000円など。“ミニマル&クリーン”“東京のリミックス感”をコンセプトに、トラッドをベースにしたミックススタイルを提案する。デビューシーズンはメンズ、ウィメンズともに約100型を用意し、自由が丘の旗艦店など限定店舗で販売する。

 坂下建二ユナイテッドアローズ GLR本部商品課 メンズ課GLRファッションディレクターは、レーベル設立の経緯について「自由が丘店などでは『エンジニアド ガーメンツ』『ザ・ノース・フェイス』といった高価格帯の仕入れ商材の動きも良く、店舗によってはオリジナル商品についても一格上のものが求められていると分かったため」と話す。「生産背景は既存のオリジナル商品と同じだが、国産の素材を使ったり、ステッチの運針(縫い方)を細かくしたりするなど、素材感やシルエット、ディテールにこだわっている。35~45歳の男女に向けて訴求したい」。17年春夏はステンカラーコートの襟を取り外したノーカラーコートやスポーティーな雰囲気のフーディー、シャツ地のプルオーバーなどを打ち出す。

 「GLR」は現在全国に約70店舗を運営。今年9月にはビジネスウエアに特化した新業態「ワークトリップ アウトフィッツ グリーンレーベル リラクシング」を東京・八重洲地下街に開いている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら