ファッション

建築家の隈研吾がアシックスと協業 初のシューズデザインにかけた思い

有料会員限定記事

 アシックスは、建築家の隈研吾と協業したランニングシューズ“メタライド AMU”を12月20日に2020足限定で販売する。同モデルは2月にアシックスが発売したランニングの注力モデル“メタライド”がベースだ。最大の特徴は、シューズの表面全体を覆う複数のライン。日本の伝統的な竹を編む技法である“やたら編み”から着想を得た構造で、ランニング時の足の動きをホールドする。高いデザイン性に加え、運動時の機能性まで考慮した仕上がりとなっている。(この記事はWWDジャパン2019年11月11日号からの抜粋です)

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックでアシックスは大会のゴールドスポンサーを務め、隈は主会場である新国立競技場の設計を手掛けるなど、両者にとってビッグイベントとなる。アシックスの依頼で実現した協業について、隈に話を聞いた。初めてシューズデザインを経験し、建築やデザインの新たな可能性を見いだしたようだ。

この続きを読むには…
残り1150⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら