ファッション

エアークローゼットが新たに3機能追加 リアルクローゼットも把握しパーソナライズ強化

 ファッションレンタルサービスのエアークローゼットは、自身のコーディネート写真を記録・シェアする「みんなのコーディネート」機能やコーディネートを提案するスタイリストの指名機能、手持ちの服をスタイリストと共有できる「MY クローゼット」機能の3つを会員向けにリリースした。ユーザーのリアルクローゼットを把握したうえでのパーソナライズの強化や、会員同士のコミュニティー形成などが主な目的だ。

 「みんなのコーディネート」機能では、ページにログイン後、自身のコーディネート写真を記録し、サービス内でコーディネート選定を担当したスタイリストのほか、ユーザー間でシェアできる。スタイリスト指名機能は、ユーザーが好きなテイストなどをもとに、ジャンルで指名できる“グループ指名”と、過去にスタイリングを受けた中で気に入ったスタイリストを個人で指名できる“個人指名”の2種類を用意。“グループ指名”は無料で、“個人指名”は月額会費に別途500円がかかる。

 「MY クローゼット」は手持ちの服の写真を登録し、エアークローゼット内でのスタイリストに自身の好みのファッションの傾向や、自宅のクローゼット内のラインアップを知らせる機能だ。これにより、サービス側は既にユーザーが持っている服と類似したアイテムの提案を避けるなど、よりパーソナルなスタイリング提案が可能となる。今後は登録された手持ちの洋服に合わせたコーディネート提案をオプションプランとして用意する予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら