ビジネス

洋服レンタルのエアークローゼットが“大きいサイズ”特化の新サービス

 ファッションレンタルサービスのエアークローゼットは、2019年の冬からL~3Lの大きいサイズ対象の新サービス「プラスサイズプラン」をスタートすると発表した。月額1万2800円で、トップスとボトムスを1着ずつと、そのほか3着の計5着まで衣服をレンタルできる。現在特設サイトで8月7日まで応募受付をしており、先着1000人まで。7月18日時点で、約420人が既に申し込んでいる。

 「プラスサイズプラン」は、ユーザーの要望から実現。アイテムはエアークローゼットに賛同、参画しているブランドが企画・生産しており、同サービス限定での提供となる。通常のプランと同じく返却期限はなく、返却時のクリーニングは不要。気に入ったものはそのまま購入できる。

 同サービスに対してエアークローゼットは「女性のライフステージや年齢などに伴い変化する体型のお悩みに寄り添い、スタイリストのセンス・スキルと実際に市場のお客さまから求められている“ちゃんと自分に似合うサイズ”の洋服の提供で、より幅広い女性のファッションの悩みを解決する」としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら