ビジネス

洋服レンタルのエアークローゼットが“大きいサイズ”特化の新サービス

 ファッションレンタルサービスのエアークローゼットは、2019年の冬からL~3Lの大きいサイズ対象の新サービス「プラスサイズプラン」をスタートすると発表した。月額1万2800円で、トップスとボトムスを1着ずつと、そのほか3着の計5着まで衣服をレンタルできる。現在特設サイトで8月7日まで応募受付をしており、先着1000人まで。7月18日時点で、約420人が既に申し込んでいる。

 「プラスサイズプラン」は、ユーザーの要望から実現。アイテムはエアークローゼットに賛同、参画しているブランドが企画・生産しており、同サービス限定での提供となる。通常のプランと同じく返却期限はなく、返却時のクリーニングは不要。気に入ったものはそのまま購入できる。

 同サービスに対してエアークローゼットは「女性のライフステージや年齢などに伴い変化する体型のお悩みに寄り添い、スタイリストのセンス・スキルと実際に市場のお客さまから求められている“ちゃんと自分に似合うサイズ”の洋服の提供で、より幅広い女性のファッションの悩みを解決する」としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら