ファッション

「ステラ マッカートニー」がテイラー・スウィフトとコラボ 日本ではECで購入可能

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、ステラ自身の友人だというアーティストのテイラー・スウィフト(Taylor Swift)とコラボレーションし、8月23日に発売されるテイラーの7枚目のアルバム「ラバー(Lover)」の発売に合わせて“ステラ×テイラースウィフト(STELLA×TAYLOR SWIFT)”コレクションを企画した。フルコレクションは米ニューヨークと英ロンドンの路面店で23日から販売し、一部商品はヨーロッパや米国の直営店でも扱う。日本からはECで購入が可能。

 アイテムは、Tシャツやスエットトップス、ジャケット、バッグなど。テイラーの飼い猫を柄のモチーフとして取り入れるなど、テイラーの好みや私生活を感じさせるパーソナルなデザインが特徴だ。ジャージー素材のアイテムにはオーガニック綿を使用。他にも、“サステナブル ビスコース”(FSC認証を受けた森林で採取した木から作られたパルプを原料に作られるビスコース)とブランドが呼ぶ繊維で作った商品など、サステイナビリティーに注力するブランドのフィロソフィーを体現したアイテムがそろう。

 価格は通常ラインに比べて買いやすく設定しており、ニューヨーク、ロンドンの路面店とEC限定で販売するボンバージャケットは1995ドル(約21万1470円)、バッグは795ドル(約8万4270円)。

 同コレクションの商品情報は、ブランドのSNSや公式サイトで発信する。動画コンテンツも公開予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら