ビューティ

好奇心が脳を活性化、肌にも作用 ポーラから新美容液誕生

 ポーラは最高峰ブランド「B.A」から、脳科学の領域に踏み込んだ高付加価値美容液「グランラグゼⅢ(ザ サード)」(50g、7万2000円)を全国の百貨店65店舗や同社製品を扱う専門店など約4200店舗、公式ECサイトで11月1日に発売する。海外では、台湾、香港、タイで展開するほか、韓国やタイ、マカオの免税店でも順次販売する。中国では来年の展開予定だ。

 「グランラグゼ」は、2006年に誕生した美容液で、最新科学と同社の研究の粋を集めた製品を展開する。16年に販売した「グランラグゼⅡ」はノーベル賞を受賞したオートファジー理論を採用し、大きな話題を集めた。今回は同理論をアップデートしたほか、脳と肌の関係に着目。好奇心が脳を活性化し、肌にも作用するという独自理論にたどり着いた。

 好奇心を持つと人の脳は、記憶の定着に役立つノルアドレナリンとコミュニケーションを円滑にするオキシトシンを発生させる。同社は、この2つの物質が肌の弾力を生み出すことを発見した。そこで、独自成分ブレインクロストークRUとハイエクスパンディング処方を採用することで、この2つの物質を長く体内にとどめることに成功した。

 塗布することで肌の弾力を感じ、好奇心を生み出すという。それにより肌の能力を最大限に引き上げて、ハリや弾力、輝き、透明感ある肌をかなえる。

【エディターズ・チェック】
宇宙船を感じさせるような見た目のインパクトに驚き、好奇心をくすぐられました。こっくりと濃厚なエッセンスを肌に塗布すると、すーっとなじみ、肌がふっくらしたような感覚を覚えました。「グランラグゼ」は、常に革新的な技術を用いて国内外から高い支持を受けています。今回の製品も話題を集めそうですね。ちなみに「B.A」は 1985 年に誕生していて、年間売り上げは455億円規模となっています。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら