フォーカス

19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek7 カラダの黄金比?筋トレで恋愛?面白すぎる人体のフシギ

 ファッション&ジム中毒の「WWD JAPAN.com」編集長が、2019年春夏シーズン最大のトレンドであるスポーツスタイルの代表格「MSGM」をカッコよく着るため、「RIZAP」に通い始めたこの企画。

■19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek6 体脂肪大幅ダウン!カラダづくりが楽しい春、到来!!

 体脂肪率は順調に減っている今日この頃。普通のダイエット連載なら、そろそろ「停滞期」について記事を書く頃なんでしょうが、一向に訪れる気配がありません。ついに体脂肪率は1ケタ台に突入です。カラダの反応に合わせて食事の摂り方をちょっとずつ変えることで「良い意味でカラダ慣れさせない」工夫を取り入れているお陰のようです。ということで、今日は、当初の構想を変更。「停滞期」のお話ではなく、人体の不思議にまつわるお話をしたいと思います。

 「RIZAP」での筋トレは、マンツーマンで1回50分。現在、およそ週2、3回のペースで通っていますから、毎回お付き合いいただく伊藤祐トレーナーとは最近、実にいろんな話をしています。特に各部位のトレーニングは10回のエクササイズを3セットくらいこなすもの。セットとセットの間には必ず1、2分のインターバルがあり、そこで僕はファッションやビューティの話を、伊藤トレーナーはカラダや筋肉の話をするワケですが、これがメチャクチャ面白い!ということで今日は、6週間を迎えたトレーニングの間に聞きかじった、カラダにまつわる話を紹介します。

 まず最初に「へぇ」と唸ったのは、女性の体には黄金比があると言う話。下で紹介する今週の“マッスル”レビュー「マイケル・コース コレクション(MICHAEL KORS COLLECTION)」編でも触れていますが、女性はたとえぽっちゃりでも、ウエストとヒップが0.7:1のプロポーションバランスなら魅力的に見えるというんです。

 たしかに「マイケル・コース コレクション」の常連モデルとなったプラスサイズモデルのアシュリー・グラハム(Ashley Graham)は、ふくよかながら、この黄金比を体現しているかも!伊藤トレーナー曰く、この黄金比が魅力的と思えるのは、特に男性はウエストに対して大きなお尻(健康的な骨盤)から、子どもが産める丈夫なカラダを無意識的に連想するからだそう。となると、この黄金比は我々のDNAに刷り込まれているというか、人類が種の保存のため本能的に持ち合わせている価値観なワケで、「未来永劫、決して揺らがないのでは?」なんて考えてしまったり。皆さん、伊藤トレーナーのセオリー通り、理想の黄金比を目指してみてはいかがでしょうか?

 もう一つ面白かったのは、誰しもが聞いてみたかった(!?)禁断の「恋」のハナシ(笑) 。思い切って、「お客さんが、インストラクターに恋する事はないんですか?」と聞いてみました(笑)。すると 伊藤トレーナーは若干ためらいながら、「聞いた話では、コンプレックスや悩み打ち明け、二人三脚で乗り越え、達成し合う関係性は、脳科学的に言えば、変な錯覚を起こす可能性はゼロではないらしいです」と(笑)。でも錯覚は、お客さんとトレーナーという関係性による“キラキラ補正”がかかっているもので、仮に恋愛関係になっても上手くいかないケースが多いのだとか。「という事を知っているので、勘違いはしません(笑)」だそうです。というワケで(?!)、「RIZAP」のインストラクターは、お客さんとのプライベートな交流は禁じられています。

 筋トレを始めてしばらくが経過し、健康的な生活を送り脂肪が落ちてくると、今まで普通だと思っていた味付けをしょっぱく感じたり、体内のエネルギーが不足すると気だるさを覚えたり、そんな時はアドバイス通りプロテインなどでエネルギーを追加すると一気に回復したりと、カラダの感覚が研ぎ澄まされてくることがわかります。人間のカラダって、本当に不思議。そして偉大。

 ウエストとヒップの黄金比、エクササイズすると惚れやすくなっちゃうというストーリーを聞くとますます「人間ってスゲぇ!」と思ってしまうのです。

 さて今週の測定結果は、
・体重:55.3kg(当初比-4.0kg、前週比+0.6kg)
・体脂肪率:8.9%(同-6.7%、同-1.8%)
・筋肉量:47.8kg(同+0.4kg、同+1.5kg)

 俵万智なら、「今日は私の体脂肪率1ケタ記念日」と一首読んでるところですね(笑)

【今週の“マッスルレビュー”:「マイケル・コース コレクション」2019年春夏ニューヨーク・コレクション】

 連載では毎回最後に、伊藤トレーナーにモデルのカラダの側面から、コレクションブランドを分析していただきます(伊藤トレーナー個人の見解です)。ブランドは千差万別。その世界観を表現するモデルも千差万別。モデルのカラダを分析すれば、ブランドの新たな魅力に気づくかもしれないし、もっとカッコよく洋服を着こなせるかもしれません。今回は、上でお話した通りの「マイケル・コース コレクション」。人それぞれの美を訴えるダイバーシティーなブランドは近年、ふくよかなプラスサイズモデルの起用にも積極的です。彼女たちのカラダには、どんな秘密が?伊藤トレーナーが迫ります。

 今回は「マイケル・コース コレクション」について。前回に引き続き、女性のボディーメークを紐ときます!

 モデルは体型も多様で、スレンダーなカラダから女性らしい丸みのあるカラダまでさまざまですね。

 「細い=綺麗、可愛い」という、日本にまだまだ根付いてしまっている都市伝説的な考えは既に古く、世界ではどんな体型にも「個性」があるという多様性が常識になっています。

 女性らしい丸み(=体脂肪量)、たくましさ(=筋肉量)の理想はさまざまで、「痩せている=可愛い」の文化は時代が創りあげてしまった一時的なものに過ぎないと認識しています。平安時代は、ふくよかな女性の方がモテましたしね(笑)。

 そんな中でも1つ共通点があるんです。前回お話したウエスト:ヒップ比 = 0.7:1(Waist Hip Ratio 0.7)の黄金比です。ヒップのサイズに対し、ウエストが0.7の大きさであれば魅力的なボディに見えるという黄金比ですが、これはスレンダーだろうが、丸みのあるボディだろうが、共通して当てはまるポイントです!

 本能的に「魅力的」に思ってしまう対比については、昔から研究されています。「ただ、キレイになるために痩せる!」ではなく、「キレイなバランスにする!」というボディーメークの正しい在り方です。ぜひ魅力的なボディを目指してください!