ファッション

3日間限定の「マルニ・ブロッサム・マーケット」が開催中 パーティーには長谷川潤や松岡モナらが来場

 「マルニ(MARNI)」は、ブランド設立20周年を記念したイベント「マルニ・ブロッサム・マーケット」を5日まで、東京・南青山のライトボックススタジオ青山で開催している。一般公開に先駆けて2日、プライベート・カクテル・パーティーを開いた。会場となった3階建てのビルを色とりどりの花やアーカイブプリント、動物のオブジェで飾り、華やかで温もりのある空間を演出。モデルの長谷川潤や松岡モナをはじめ、スタイリストやエディターなど数多くの業界関係者が来場し、ショッピングや記念撮影、Tシャツやアクセサリーのカスタマイズを楽しんだ。

 同イベントは、2014年9月のミラノでのイベントを皮切りに1年間を通して世界各地でイベントを開催するアニバーサリー・プロジェクト「マルニ・プリズマ」の一環として行われている。会場では、「マルニ」のアーカイブプリントや動物モチーフを用いたさまざまな限定商品を販売するほか、親子で楽しめるワークショップを実施。日本限定のアイテムとして、福島の職人が制作した「マルニ」のプリント生地を用いた草履も用意する。なお、イベントでの収益は全てチャリティ団体に寄付される。

【ニュース】「マルニ」が日本でも20周年記念イベントを開催 ▶

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら