ファッション

「ヨウジ」に熱狂するサプールたちの写真集が発売

 「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」を着るサプールたちに焦点を当てた写真集「Yohjiを愛したサプール」(学研プラス、2800円)が4月23日に発売される。撮影はサプールを10年にわたり撮り続けている日本人フォトグラファーのSAP CHANOが担当した。

 撮影地はコンゴの首都、キンシャサだ。「サプール」とは、“サップ”と呼ばれるコンゴ発祥のファッション美学を実践する人々で、カラフルな服装に身を包んでいる一般的なイメージのサプールは、キンシャサの双子都市であるブラザビルの人々が中心。「ヨウジヤマモト」がサプールたちに愛されるに至ったのは、コンゴの国民的スターと呼ばれるミュージシャンの故パパ・ヴェンバ(Papa Wemba)が同ブランドの服をステージ衣装として使い続けたことがきっかけ。国民たちは“英雄の象徴”“平和のシンボル”のような意味合いも込めて「ヨウジヤマモト」を着るようになったという。

 今回発売される写真集は、サプールの日常編やパパ・ヴェンバの葬儀編、2019-20年秋冬シーズンのパリ・コレクションで撮影したパリ編の3部構成だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら