ファッション

英眼鏡ブランド「リンダ ファロー」が日本市場強化 ビジョナリーHDグループと代理店契約

 イギリスの眼鏡ブランド「リンダ ファロー(LINDA FARROW)」は今春、日本における販売代理店契約をビジョンウェッジと交わし、日本市場強化を図る。

 「リンダ ファロー」は、ファッションデザイナーだったリンダ・ファローが1970年に設立し、一時休止したが2003年に、息子のサイモン・ジャブロン(SIMON JABLON)がロンドンの自宅の倉庫から大量のビンテージサングラスを発見したことをきっかけに再スタートした。

 商品は日本製で、中心価格は7万~9万円。「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」「ジェレミー スコット(JEREMY SCOTT)」「3.1フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)」などとのコラボレーションモデルも人気が高い。ロンドンをはじめニューヨークやロサンゼルスなどに路面店があり、セレブリティーのファンも数多く獲得している。

 ビジョンウェッジは、眼鏡専門店チェーンのメガネスーパーを中核企業とするビジョナリーホールディングス(HD)が昨年設立した卸販売事業を主体とする会社で、今回が同社初の販売代理店契約となる。今後、ビジョナリーHD傘下のヴィジョナイズが運営するアイスタイルのほか、セレクトショップなど眼鏡店以外に販路を広げたい意向だ。「リンダ ファロー」の日本における販売は、以前はディプトリクスが行っていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら