ニュース

「ベルシュカ」19年春夏はダッドスニーカーが20型! サイクリングパンツ合わせが新鮮

 「ベルシュカ(BERSHKA)」は2019年春夏、この間売れ筋となっているダッドスニーカーを主役にしたスポーティーなコーディネートを充実する。タイダイ(絞り染め)風やトロピカルプリント、ネオンカラーのアパレルを多く投入し、夏の音楽フェスを連想するような活気あふれるムードが漂う。

 同ブランドのダッドスニーカーは6900~8900円と比較的廉価で、カラフルなものからワンカラーで取り入れやすいものまで幅広いのが人気の理由。「18-19年秋冬は10型を用意したものの、渋谷店を中心に問い合わせが殺到し即完売した」(PR担当者)といい、予想以上の人気を受けて19年春夏は倍の20型に増やした。

 コーディネートはダッドスニーカーのスポーティーなムードとボリューム感を最大限に生かす。バランスを取りやすい裾広がりのパンタロンパンツやタイトなデニムのほか、体にぴたりと沿うストレッチ素材で膝上丈のサイクリングパンツとの合わせが目を引く。「(サイクリングパンツは)シャカシャカしたブルゾンと合わせれば音楽フェスにぴったりだし、テーラード型のジャケットとも意外と好相性」とアピールする。