ファッション

770万円の18金製「G-SHOCK」 限定35本発売

“DW-5000C-1A”の商品化に向けた耐衝撃テスト

 カシオ計算機は18金製の「G-SHOCK」、“G-D5000-9JR”を発売する。2018年に35周年を迎えた「G-SHOCK」アニバーサリーモデルの集大成と位置付け、限定35本の完全受注生産とする。価格は770万円。5月15日から受け付けを開始し、12月以降にデリバリーする。

 同社は“G-D5000-9JR”のプロトタイプを、15年にスイスで開催された世界最大級の国際時計・宝飾見本市「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)」で発表した。「G-SHOCK」の開発者である同社の伊部菊雄氏は、「発表は非公式だったが、多くの関係者から販売の要望があった。そこで “Dream Project”と題した、商品化に向けた開発を行った。若き開発者たちのおかげで製品評価をクリアし、このほど販売が可能になった」と述べた。

 “G-D5000-9JR”は、「G-SHOCK」のデビュー作である1983年発売の“DW-5000C-1A”を踏襲したスクエアケースを採用しており、ケースはもちろんブレスレットやビスに至るまで金を使用する。それでいて、「『G-SHOCK』と名乗るために耐衝撃テストをクリアしている」。

 アメリカ、英国、中国など世界6局の標準電波を受信して自動時刻修正を行い、独自のソーラー充電システム“タフソーラー”が安定した駆動を可能にする。フルオートLEDバックライトやワールドタイムなど実用的機能も備え、重さは約300gだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら