ファッション

おしゃれ上級者の「サカイ」の着こなし方 パリコレ会場で発見

 「サカイ(SACAI)」のファッションショーには、多くのファッショニスタが出席している。2019-20年秋冬のショー会場になった現代美術館のパレ・ド・トーキョーには、女性も男性ともにブランドのウエアの着用率が高かった。

 「サカイ」の服は、異なる要素を掛け合わせるハイブリッドのテクニックを生かし、一目見るだけで「サカイ」と分かる“ブランドらしさ”を確立している。従って1アイテムを取り入れるだけでその日のコーディネートの主役になる服が多いのが特徴だ。フランス人モデルのカロリーヌ・ド・メグレ(Caroline de Maigret)は、ピンクのタンクトップとコーデュロイのパンツの上に、「サカイ」のデニムジャケットとMA-1がハイブリッドされたアウターを羽織って来場。また、普段はシックなスーツやドレスを着用していることが多いバーグドルフ・グッドマン(Bergdorf Goodman)の名物バイヤーであるリンダ・ファーゴ(Linda Fargo)は、「サカイ」18-19年秋冬の左右非対称にデニムジャケットとタキシードを融合したジャケットを着こなしていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら