ファッション

UA「ジュエルチェンジズ」のリニューアル1号店がオープン 「エメル リファインズ」に刷新

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)は3月1日、ウィメンズブランド「ジュエルチェンジズ(JEWEL CHANGES)」を「エメル リファインズ(EMMEL REFINES)」と改称して刷新し、新宿ルミネ2の2階の店舗をリニューアルオープンした。すでに同日、9店舗ある実店舗のファサードとオンラインストアのデザインも変更しており、実店舗のリニューアルは今後1年に1~2店舗のペースで行う。

 新宿ルミネ2の店舗は、「もともと『ジュエルチェンジズ』の1番店(最も売る店舗)としてブランドにとっても重要な位置付けで、新宿ルミネ2店は旗艦店として立ち上げたかった。もちろん同館のリニューアルとタイミングが合ったこともある」と相馬友紀第二事業本部販売部部長は語る。

 刷新後は、色や柄を強化した。「リラックス感よりも気分が晴れるアイテムを提案したい。盛夏に並べるような色が強いアイテムもあえて春先からそろえている」。価格帯に変更はなく、主力商品も「ジュエルチェンジズ」同様にワンピースやスカートだが、「新しいお客さまにブランドと接点を持っていただけるように軽衣料のエントリープライスを下げた」と語るように、8000円台のトップスをバリエーション豊富にそろえた。「カジュアルミックスできるような商品の幅を広げている。コーディネートでのセット販売を目指す」という。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら