ファッション

若手の登竜門“ウールマーク・プライズ”、グランプリはクラッチリーとコロヴォスが獲得

 ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)は16日、若手デザイナーの登竜門「2019 インターナショナル・ウールマーク・プライズ(IWP)」の受賞者を発表した。グランプリはイギリス代表の「エドワード クラッチリー(EDWARD CRUTCHLEY)」、ウイメンズ部門では米国代表でデザイナーデュオの「コロヴォス(COLOVOS)」が獲得した。クラッチリーはイノベーション・アワードも受賞した。グランプリは20万豪ドル(約1560万円)の賞金とともにコレクションをハーヴェイ・ニコルズ(Harvey Nichols)やレーン・クロフォード(Lane Crawford)、高島屋などで販売する権利を得た。イノベーション・アワードには10万豪ドル(780万円)が贈られた。ウイメンズ部門では日本の「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」がファイナリストに選ばれていた。

 2019年のIWPはロンドン・ファッション・ウィーク期間中に発表され、米国やイギリス、日本、韓国、中国、スウェーデンなどから12組のデザイナーがファイナリストに選出されていた。審査員はアルベール・エルバス(Alber Elbaz)や「ビジネス・オブ・ファッション(BUSINESS of FASHION」の編集者のティム・ブランクス(Tim Blanks)らが務めた。

 「エドワード クラッチリー」は、14年間「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズのテキスタイルコンサルタントを務めたエドワード・クラッチリーが15年にスタート。審査員からも古今東西のテキスタイルとファッションのスタイルを自在に組み合わせた技術とセンスが高く評価された。

 「コロヴォス」はスペイン生まれ、シアトル育ちのマイケル・コロヴォスと、ニュージーランド出身で米「ハーパース・バザー(Harper's BAZAAR)」でスタイリストと編集者を務めたニコルのデザイナーデュオによるブランド。2016年にスタートした。また、2人はかつて8年に渡って、再ローンチした「ヘルムート・ラング(HELMUT LANG)」のクリエイティブ・ディレクターも務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。