ファッション

若手の登竜門“ウールマーク・プライズ”、グランプリはクラッチリーとコロヴォスが獲得

 ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)は16日、若手デザイナーの登竜門「2019 インターナショナル・ウールマーク・プライズ(IWP)」の受賞者を発表した。グランプリはイギリス代表の「エドワード クラッチリー(EDWARD CRUTCHLEY)」、ウイメンズ部門では米国代表でデザイナーデュオの「コロヴォス(COLOVOS)」が獲得した。クラッチリーはイノベーション・アワードも受賞した。グランプリは20万豪ドル(約1560万円)の賞金とともにコレクションをハーヴェイ・ニコルズ(Harvey Nichols)やレーン・クロフォード(Lane Crawford)、高島屋などで販売する権利を得た。イノベーション・アワードには10万豪ドル(780万円)が贈られた。ウイメンズ部門では日本の「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」がファイナリストに選ばれていた。

 2019年のIWPはロンドン・ファッション・ウィーク期間中に発表され、米国やイギリス、日本、韓国、中国、スウェーデンなどから12組のデザイナーがファイナリストに選出されていた。審査員はアルベール・エルバス(Alber Elbaz)や「ビジネス・オブ・ファッション(BUSINESS of FASHION」の編集者のティム・ブランクス(Tim Blanks)らが務めた。

 「エドワード クラッチリー」は、14年間「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズのテキスタイルコンサルタントを務めたエドワード・クラッチリーが15年にスタート。審査員からも古今東西のテキスタイルとファッションのスタイルを自在に組み合わせた技術とセンスが高く評価された。

 「コロヴォス」はスペイン生まれ、シアトル育ちのマイケル・コロヴォスと、ニュージーランド出身で米「ハーパース・バザー(Harper's BAZAAR)」でスタイリストと編集者を務めたニコルのデザイナーデュオによるブランド。2016年にスタートした。また、2人はかつて8年に渡って、再ローンチした「ヘルムート・ラング(HELMUT LANG)」のクリエイティブ・ディレクターも務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら