ファッション

ウールマークプライズのアジア代表に「ヨウヘイ オオノ」など4ブランド

 ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)は5日、若手デザイナーの登竜門「インターナショナル・ウールマークプライズ(IWP)」の2018-19年度のアジア予選大会を香港で開催し、ウィメンズウエア部門で日本の「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」と韓国の「ユーザー(YOUSER)」、メンズ部門で中国の「エンジェル チェン(ANGEL CHEN)」「アイアム チェン(I AM CHEN)」がそれぞれ優勝した。2019年2月に開催予定のファイナル大会の出場権に加え、同大会に向けたコレクション制作のために7万豪ドル(約572万円)が授与される。

 ウィメンズ部門で優勝した大野陽平「ヨウヘイ オオノ」デザイナーは「プレゼンはうまくできましたが審査員の反応が読めず、受賞できるとは思っていませんでした。国際的なタイトルと賞金が欲しかったので本当に嬉しいです」と話し、本選への意気込みを「うまくコンセプトが固まり、自分の気持ちも乗ってきたので、単純に今回のコレクションを制作できるのが今から楽しみです。“作る喜び”を感じます」とコメントしている。日本人デザイナーがIWPのアジア予選を通過するのは14-15年の「シセ(SISE)」の以来4年ぶり。

 大野は愛知県小牧市出身。文化服装学院を経て、文化ファッション大学院大学、英ノッティンガム芸術大学でファッションを学ぶ。帰国後の14年12月にブランドをスタート。16年には「東京ファッションアワード」を受賞し、17-18年秋冬から東京ファッション・ウイークでコレクションを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら