ファッション

ウールマークプライズのアジア代表に「ヨウヘイ オオノ」など4ブランド

 ザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)は5日、若手デザイナーの登竜門「インターナショナル・ウールマークプライズ(IWP)」の2018-19年度のアジア予選大会を香港で開催し、ウィメンズウエア部門で日本の「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」と韓国の「ユーザー(YOUSER)」、メンズ部門で中国の「エンジェル チェン(ANGEL CHEN)」「アイアム チェン(I AM CHEN)」がそれぞれ優勝した。2019年2月に開催予定のファイナル大会の出場権に加え、同大会に向けたコレクション制作のために7万豪ドル(約572万円)が授与される。

 ウィメンズ部門で優勝した大野陽平「ヨウヘイ オオノ」デザイナーは「プレゼンはうまくできましたが審査員の反応が読めず、受賞できるとは思っていませんでした。国際的なタイトルと賞金が欲しかったので本当に嬉しいです」と話し、本選への意気込みを「うまくコンセプトが固まり、自分の気持ちも乗ってきたので、単純に今回のコレクションを制作できるのが今から楽しみです。“作る喜び”を感じます」とコメントしている。日本人デザイナーがIWPのアジア予選を通過するのは14-15年の「シセ(SISE)」の以来4年ぶり。

 大野は愛知県小牧市出身。文化服装学院を経て、文化ファッション大学院大学、英ノッティンガム芸術大学でファッションを学ぶ。帰国後の14年12月にブランドをスタート。16年には「東京ファッションアワード」を受賞し、17-18年秋冬から東京ファッション・ウイークでコレクションを発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら