ファッション

ゴーシャ・ラブチンスキーの新レーベルが3月にドーバーで一斉発売

 ゴーシャ・ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)が3月16日、新プロジェクト「GR ユニフォーマ(GR UNIFORMA)」を世界のドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)とドーバーのウェブサイトで発売することがわかった。

 新レーベルは「ユニフォーム」「コミュニティ」「建築」などがキーワード。サイトには、「君は一人じゃないと感じることができるユニフォーム。ただ、仲間は時に仲間ではないかもしれない」という意味深なメッセージをアップしている。

 またゴーシャは15日、自身のインスタグラムから46万6000人のフォロワーに向けてモノクロの写真をアップ。廃墟のようなビルにスタンドマイクとサックス、それにギターだけが写り、窓から外光が差し込んでいる写真だ。

 「ゴーシャ ラブチンスキー」を世界展開するコム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)によると、コラボレーションなどのさらなる詳細は、引き続きブランドのインスタグラムからアップ予定という。

 ゴーシャは昨年12月、16歳の少年に対してキャスティングと称して裸の写真を送るよう強要したとして糾弾され、コラボレーションを続けてきたアディダス(ADIDAS)は調査に乗り出した。アディダスは「現在も調査中。コラボの今後については、何も決まっていない」としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら