ファッション

ユニクロの「UT」が「機動戦士ガンダム」とコラボ 往年の名シーンを再現

 ユニクロはTシャツブランド「UT」から、アニメ「機動戦士ガンダム」とコラボしたTシャツを3月に発売する。

 「機動戦士ガンダム」が誕生から40周年を迎えることを記念した、ガンダムのプラモデル“ガンプラ”を販売するバンダイスピリッツ(東京、川口勝・社長)との協業。30日に東京・台場で開かれた記者発表会で、コラボTシャツ計12種が披露された。Tシャツにはアムロ・レイやランバ・ラルなど人気キャラクターの他、往年のシリーズで登場したガンダムや名シーンなどをデザインした。各1620円(税込)。2点同時購入者特典として、ユニクロを象徴する赤と白で塗装した“RX-78-2 ガンダム”と“ザクⅡ”のガンプラのうち1点を数量限定でプレゼントする。

 またバンダイスピリッツは周年企画の一環としてスペシャルムービーを制作している。記者会見には、ムービーに登場するガンダムのデザインを手掛ける工業デザイナーの奥山清行氏、BGMを手掛けるLDHの人気グループEXILEのMAKIDAIがゲストとして登場した。

 初期のガンダムのファンという奥山氏は、「昔の『ガンダム』のデザインの良いところを踏襲しつつ、当時では考えつかないようなモダンな『ガンダム』を作りたい」と語る。幼少期をガンダムとともに過ごしたという43歳のMAKIDAIは、「自分が子どものころに見ていた『ガンダム』のかっこよさを今の若い人たちに伝えられるよう、音楽面からサポートしていきたい」と意気込みを話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら