ファッション

「UT」 × カウズ × 「セサミストリート」コラボ第2弾 人気キャラクターのぬいぐるみが登場

 「ユニクロ(UNIQLO)」のTシャツブランド「UT」は11月22日、ニューヨークを拠点とするアーティストのカウズ(KAWS)とアメリカのTV番組「セサミストリート(SESAME STREET)」とのコラボレーションコレクションを発売する。同コラボコレクションは今年6月に引き続き2回目。

 全てのアイテムにカウズを象徴するキャラクター「Companion」や、目が“XX”になった「セサミストリート」のキャラクターをプリントや刺しゅうで施した。Tシャツ(ユニセックス1500円、キッズ990円)の他、スエットシャツ(メンズ1990円、キッズ1500円)、スエットパーカ(ウィメンズのみ、2990円)など、全21型26色柄を展開する。

 第2弾では新たにぬいぐるみをラインアップする。「セサミストリート」の人気キャラクターであるエルモ、クッキーモンスター、ビッグバード、バート、アーニーの5体がぬいぐるみとなり、価格はそれぞれ2990円。また、全面にキャラクターをプリントした特別仕様の箱に全5体を詰めたコンプリートボックス(1万4900円)を数量限定で販売する。それぞれカウズのインスタグラムで以前から発売が示唆されており話題となっていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら