ニュース

「無印」の人気ライン「ムジラボ」新シリーズはアイテムすべてが男女兼用

 「無印良品」は、「ムジラボ(MUJI Labo)」の2019年春夏シリーズを発表した。月ごとに設定したテーマをもとにアイテムを発売し、6カ月でワードローブが完成するというコンセプトで展開する。アイテムはすべて男女兼用で、“カップルや夫婦、親子でもクローゼットを共有でき必要最小限のワードローブになる”ことを目指す。

 1月はコートをテーマに、撥水加工を施したノーカラーコート(1万7900円、税込)を提案する。以降、2月はスエット、3月はシャツ、4月はTシャツ、5月はシャツ、6月は機能性素材をテーマに、それぞれジップアップスエットフーディー(7900円、同)、スタンドカラーシャツ(7990円、同)、ドロップショルダーTシャツ(5990円、同)、スタンドカラー半袖シャツ(5990円、同)、ストレッチクロップドパンツ(5990円、同)などをそろえる。

 「ムジラボ」は、“新しい視点での発想からベーシックを開発する実験室”として05年にスタートしたラインで、日本国内およびアジアの旗艦店を中心に展開。17年春夏シーズンには、デザイン・ディレクターに尾花大輔「 Nハリウッド(N.HOOLYWOOD)」デザイナーと堀内太郎「タロウホリウチ(TARO HORIUCHI)」デザイナーを起用し、リブランディングを行なった。