ファッション

コレクションよりコンベンション!? 「コンプレックスコン」を筆頭に各地で開催

 2016年に始まった米ロサンゼルスの「コンプレックスコン(ComplexCon)」を皮切りに、「ハイプビースト(HYPEBEAST)」がニューヨークで開催する「ハイプフェスト(HYPEFEST)」やベルリンの「ブレッド&バター(BREAD&&BUTTER)」など、ストリートカルチャーの祭典が今話題だ。このような祭典はコンベンションと呼ばれ、スニーカーやストリートファッションにフォーカスし、それに夢中の若者が世界中から集まることで、トレンドの発信地としても注目度が高い。11月に開催された「コンプレックスコン」では現地取材を行い、その模様は「WWDジャパン」12月3日号で特集している。時代は“コレクションよりもコンベンション”なのか?「WWD JAPAN.com」で過去に掲載したいくつかの“コン”や“フェス”から、盛り上がりの一端を見る。

【ComplexCon】

会場での“ドロップ”が大きな魅力に

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら