ファッション

「マルニ」 × 「ポーター」の第12弾 ミニバッグを豊富に

 「マルニ(MARNI)」は、「ポーター(PORTER)」とのコラボコレクション第12弾を発表した。名古屋のイセタンハウス1階、阪急うめだ本店3階、阪急メンズ大阪2階は11月30日に、伊勢丹新宿本店メンズ館2階、京都バル1階、神戸バル1階、玉川高島屋S・C本館は12月1日に発売する。

 第12弾はスマートフォンの進化やキャッシュレスの普及で軽装になった現代に合わせ、小さめのバッグを多めにそろえる。ミニショルダーやナップサックの他に、第10弾で登場したリュックサックのフラップ部分を単体用にアレンジした“ファニーバッグ”など変わり種も登場。定番である2WAY仕様のブリーフケースも用意し、小物を含めた全12アイテムをラインアップする。価格帯は4000〜7万9000円。

 素材は、リップストップナイロンとジャージーを重ねた薄く丈夫でハリのあるものを使用。ダークブルーボーダーとレッドストライプを組みわせた柄と、ネイビーとブラックベースにカーキのテープを組み合わせたバイカラータイプの2種類を用意する。バッグの中は物を判別しやすいように、柄タイプにオレンジ、バイカラータイプにグリーンを採用。また“MARNI”と“PORTER”のブランドタグや、ファスナーのストラップはオリーブグリーンに変更した。

 なお発売を記念したポップアップストアを、「ポーター」表参道店では12月1日〜1月7日、イセタン羽田ストア メンズ ターミナル1では12月5〜25日、トゥモローランド渋谷店では12月7日〜2019年1月14日、三越銀座店6階のGINZAステージでは12月12〜25日、「ポーター」グランフロント大阪店では19年1月26日〜2月25日にそれぞれオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら