ファッション

鈴木えみのカウントダウンで「テノハ代官山」のイルミネーションが開始 

 東京・代官山の複合施設「テノハ代官山」は11月22日、ミラーボールを用いたクリスマスイルミネーション“テノハ クリスマスフェス2018 ホーリーライツ イルミネーション”を開始した。1月10日まで。演出は、グラフィックデザイナー、写真家、照明技師など、さまざまな分野で活動するメンバーが所属するアート集団、MIRRORBOWLERが手掛けた。

 21日には点灯式を開催し、モデルで女優の鈴木えみのカウントダウンで幕を開けた。点灯を祝し、アルトサックスやフルート奏者として知られる藤枝伸介がイルミネーションに合わせたライブパフォーマンスを披露した他、ソウル生まれ東京育ちのDJ、YonYonがDJプレイを行った。

 「テノハ代官山」はボネリートが2014年11月に開業した複合施設。ライフショップ、レストラン、カフェ、サービスオフィスを併設し、“新しい働き方・暮らし方”を提案している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら