ニュース

表参道ヒルズが“オーロラ”クリスマスイルミネーションを開始 点灯式には桐谷美玲

 表参道ヒルズは、クリスマスイルミネーションを12月25日まで開催する。“都会に出現するオーロラ”をテーマに、約6000本のライトからなる電飾「光のカーテン」を本館の吹き抜け階段に設置する他、階段中央に高さ約7mのクリスマスツリーを設ける。また20分に1度、音楽に合わせて「光のカーテン」にオーロラを映し出す特別演出を行う。

 11月7日に行われた点灯式には、女優の桐谷美玲が登場した。イルミネーションの点灯式に出席するのは今回が初めてという桐谷は、「毎年テレビで見ている点灯式に出席できてすごくうれしい。表参道ヒルズはプライベートでもよく来るお気に入りの場所です」とコメント。イルミネーションについては「実際にオーロラを見たことはないですが、本物を見ているような気分になった。東京でオーロラが見られるなんて、得した気分になりますね」と語った。クリスマスの思い出について聞かれると「実家では母が張り切って料理をつくったり、みんなで家中を飾り付けたりして、家族でワイワイ過ごしていました」と答えた。