ファッション

トリンプが百貨店でプレミアム業態 リブランディングに本腰

 トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、日本初となるコンセプトストア「プレミアム・テイラレス」を大丸東京店4階に21日オープンした。「プレミアム・テイラレス」は2016年から欧州でスタートした新業態。日本では大都市の百貨店で年5~10店の出店を進め、数年後に30~40店の体制を作る。

 「プレミアム・テイラレス」業態として改装オープンした大丸東京店の店舗は、40~50代がターゲットの「フロラーレ バイ トリンプ(FLORALE BY TRIUMPH)」と、30代向け「エッセンス バイ トリンプ(ESSENCE BY TRIUMPH)」などブラジャーで8000円以上の高価格帯アイテムを中心に据える。売り場面積は改装前と同じ約52平方メートルだが、独自の陳列棚や配置の工夫によって回遊性を高めた。内装は白と木目を基調とし、ビンテージに着想した什器を設置することで、ラグジュアリーな空間を演出した。常駐するファッションアドバイザーがサイズやフィット感などに加えTPOに適したランジェリーの提案も行うなどワンランク上の接客を提供する。

 「カルティエ(CARTIER)」や「スワロフスキー(SWAROVSKI)」の日本事業でキャリアを重ねて、今年1月に就任したヴァンサン・ネリアス(Vincent Nelias)社長はブランディングの重要性を強調し、「プレミアム・テイラレス」業態を皮切りに同社の各ブランドの再構築を図る。「モノを売ることよりも、トリンプで買い物をするのが楽しい、という体験を提供することで、プレミアムなイメージを作ることに注力していきたい」と話す。

 同社ではノンワイヤーの「スロギー(SLOGGI)」に代表される2000~3000円のブラジャーと、「フロラーレ バイ トリンプ」、「エッセンス バイ トリンプ」のような8000円以上のブラジャーが成長しており、今後もこのゾーンを強化する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。