ファッション

東京ミッドタウンのイルミネーションがスタート 西島秀俊、篠原涼子が点灯

 東京ミッドタウンは、「ミッドタウン クリスマス 2018」と題したイルミネーションを12月25日まで開催する。約2000平方メートルの芝生広場を約19万球のLEDライトで演出する“スターライトガーデン”をメーンに、ミッドタウン・ガーデンの木々を青と白のライトで彩った“スターライトロード”、ミニサイズのサンタクロース約1800体を装飾した“サンタツリー”などを企画している。“スターライトガーデン”では、約100球のバルーンと1日約45万個のシャボン玉によって“星の誕生、輝き、爆発”を表現する特別演出を16日までの期間限定で実施する。

 イルミネーション開催に際し、点灯式を11月13日に行った。点灯式には、11月16日公開の映画「人魚の眠る家」に出演している女優の篠原涼子、俳優の西島秀俊、子役の稲垣来泉(7歳)が登場。“スターライトガーデン”を見ると西島は「まさに宇宙のような輝きでした。シャボン玉の特別演出が本当にきれいで、点灯式に出席できたことを光栄に思います」と語った。篠原は「いつも後ろから背伸びをして眺めていたミッドタウンのイルミネーションですが、今日は近くで見られて本当にうれしいです」とコメントした。今年のクリスマスについて稲垣は「サンタさんにはキラキラの文房具をお願いするつもりです」と小学生らしいコメントで会場を沸かせた。

 東京ミッドタウンのイルミネーションは毎年恒例で、今回が12回目となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら