ファッション

東京ドームシティのイルミネーションは“和風” 点灯式には振り袖姿の飯豊まりえ

 東京ドームシティは、“和風”をテーマにしたウィンターイルミネーションを2月17日まで開催する。高さ約6mの鶴と風船で彩った折り紙のツリーの他、江戸時代から続く伝統芸能、江戸切子を表現した「江戸切子の花」、てまりをイメージした「てまりドーム」、全長約140mの「万華鏡の道」などを設置している。

 11月7日に行った点灯式には、モデルで女優の飯豊まりえが振り袖姿で登場した。飯豊は「振り袖を着てイベントに出るのは今回が初めて。黄色とオレンジが好きで、イルミネーションにも合うかなと思ってこれを選びました」とコメント。自身初だった点灯式への出席については「SNSで告知をしたときは、『行くよ!』というコメントが少なくて不安でした。でも、実際はすごく多くの人が集まってくれて、本当にうれしいです。SNSのコメントはちゃんとチェックしてますから!」と笑顔で語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら