ファッション

SUPERNOVAのゴニルやマギーら12人がレッドカーペットのランウエイ 東京国際映画祭で「GQ」がファッションイベント

 現在開催中の「第31回東京国際映画祭」で「GQジャパン(GQ JAPAN以下、GQ)」のプロデュースによるイベント“ファッションガラ(FASHION GARA)”が26日、六本木ヒルズのアリーナで開催された。イベントでは、モデルのマギーを筆頭に、ヒップホップクルーKANDYTOWNのIOや松井愛莉、俳優の小関裕太、葉山奨之、朝比奈彩、桜田通、山崎紘菜、青柳翔、荻野由佳、K-POPグループのSUPERNOVAのゴニル、中山咲月ら12人がモデルとして特設のレッドカーペットを歩いた。

 衣装は10月27日にオープンする「ビームス(BEAMS) 六本木ヒルズ」が提供し、「GQ」の森口徳昭ファッションディレクターがスタイリング。会場には多くの人が詰めかけ、思い思いにイベントの模様を撮影していた。イベント後は、「GQ」とWOWOWが共同で製作したオリジナルドキュメンタリー「THE PILGRIM 行きたかったあの場所へ」を先行上映した。上映後は主演のリリー・フランキーと鈴木正文・編集長によるトークセッションが行われた。リリー・フランキーは冒頭で「こんなオシャレなイベントに適当な格好で着ちゃってごめんなさい。ドレスコードが赤ということで、キスマークをスタイリストさんにつけてもらいました」と頬のキスマークをアピールし、会場の笑いを誘った。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら