ファッション

フランフランが京都・祇園に伝統工芸品の新業態

 フランフランは11月23日、伝統工芸品などを扱う新業態「マスターレシピ(MASTER RECIPE)」の国内1号店を京都・祇園にオープンする。店舗は花見小路通からすぐで町家風のファサードが特徴だ。総面積は約112平方メートル。

 「マスターレシピ」は2017年に「フランフラン(FRANCFRANC)」のプロダクトラインとしてスタート。素材や人、技法、歴史、産地に着目し、国内26地域と世界20カ国から取り寄せた現代の暮らしに調和するクラフトを展開する。同年9月15日には香港にコンセプトショップをオープンした。

 ブランドPRによると「伝統や素材などを重視するブランドポリシーに相応しい地であると考え、京都に1号店をオープンするに至った。これまでは『フランフラン』の店内のみで販売してきたが、今後はプロダクト数を増やし新ブランドとして幅広いターゲットに訴求していきたい」と語った。

■Master Recipe 京都祇園店
オープン日:11月23日
時間:11:00~19:00
住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-125

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら