ファッション

京都に町屋を改修したジャーナル スタンダードがオープン

 ベイクルーズは、カフェ併設のセレクトショップ「ジャーナル スタンダード キョウト 御倉町(JOURNAL STANDARD KYOTO)」を京都の三条通に6月3日オープンした。

 店舗は京都の町屋を改修したもので、四季を感じられるよう計算された坪庭もしつらえている。品ぞろえも京都にちなんで、長く持ち続けたくなるものを用意。ジャーナル スタンダードのパリでの長年のバイイングで培った経験やつながりを生かし、日本では同店でしか買えないインポートアイテムを充実させた。ビンテージのフレンチリネンを用いてワークウエア調のアイテムを展開する「サミュエル シュナイダー(SAMUEL SNIDER)」や、季節の花による草木染のドレスやシャツを展開する「キャリックス(CALYX)」などが代表例。

 また、併設のカフェではオーストラリアのフードクリエイター、シェリー・ハスラー(Cherie Hausler)のレシピに基づき、バターや牛乳、白糖、卵を使わないビーガン向けのケーキやパフェなどのスイーツを取りそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら