ファッション

京都に町屋を改修したジャーナル スタンダードがオープン

 ベイクルーズは、カフェ併設のセレクトショップ「ジャーナル スタンダード キョウト 御倉町(JOURNAL STANDARD KYOTO)」を京都の三条通に6月3日オープンした。

 店舗は京都の町屋を改修したもので、四季を感じられるよう計算された坪庭もしつらえている。品ぞろえも京都にちなんで、長く持ち続けたくなるものを用意。ジャーナル スタンダードのパリでの長年のバイイングで培った経験やつながりを生かし、日本では同店でしか買えないインポートアイテムを充実させた。ビンテージのフレンチリネンを用いてワークウエア調のアイテムを展開する「サミュエル シュナイダー(SAMUEL SNIDER)」や、季節の花による草木染のドレスやシャツを展開する「キャリックス(CALYX)」などが代表例。

 また、併設のカフェではオーストラリアのフードクリエイター、シェリー・ハスラー(Cherie Hausler)のレシピに基づき、バターや牛乳、白糖、卵を使わないビーガン向けのケーキやパフェなどのスイーツを取りそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。