ファッション

“エア ジョーダン”の生みの親が語るこれからのスニーカー 足元は発売前の最新モデル

 「ナイキ(NIKE)」のシューズデザイナー、ティンカー・ハットフィールド(Tinker Hatfield)は、13日にサンフランシスコで開催されたテクノロジーやデジタルカルチャーを発信するワイアード(WIRED)の創業25周年記念イベント「ワイアード25(Wired25)」のトークショーに出演した。

 「ナイキ」製品に創造性、機能性、ヒラメキを与えてきた彼が、これまでの仕事や今後のスニーカーの在り方などについて語った。ブランドの代名詞ともいえる“エア ジョーダン(AIR JORDAN)”シリーズを手掛けてきたカリスマデザイナーは、その足元を発売前の最新モデルでキメていた。

 ハットフィールドはこれまでも独特で斬新な方法でスニーカーに新たな側面を与えてきたが、その精神は最新モデルにも活かされている。コンセプトは、“走りたくない人のためのランニングシューズ”だ。大学で建築学を専攻し、自身もアスリートだったので運動時のパフォーマンスについて理解が深い。「例えば、体重100kg以上のアメリカンフットボールの選手を考えてみてくれ。がっしりした体格だけど、ポジションはラインバッカーだから俊足である必要はない。走るのが本業じゃないから、トレーニングでは義務的に走っているとしよう」。俊足ランナーに比べて足の遅いランナーはかかとから着地する傾向があるという。そこで、最新モデルはランニング時にかかと部分をサポートし、安定性を強化する仕様にした。「この最新モデルを着用して速く走っても問題ないが、トレーニングという意味では、ゆっくりとランニングする時にその機能が発揮される」という。

 過去にも、自由かつ合理的な考え方でヒット商品を生んできた。例えば、スニーカーのソール部分に装着したエアポケットは「ナイキ」のスニーカーを進化させた。「私はデザイナーというより、良いスニーカーを作るためのストーリーテラーなんだ。アイデアがカタチになり、スニーカーのストーリーができていく。そのほうが理解されやすいし、広まっていく。私にはこの方法が自然なやり方なんだ」。

 「ナイキ」のアイコンでもある伝説的なバスケットボールプレーヤー、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)とブランドの決裂を救ったのも彼の作品だった。「ナイキ」のスニーカーでケガが絶えなかったジョーダンは、「ナイキ」との関係を終わらせようと考えていたが、ハットフィールドによる“エア ジョーダン 3(AIR JORDAN 3)”のプロトタイプを試して思いとどまったという。数年後、ジョーダンの父親が「ナイキ」との提携を続けるように息子を説得したと聞いた。

 ハットフィールドは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」のために未来のスニーカー“ナイキ マグ(NIKE MAG)”をデザインした。その後「ナイキ」はシューレースを自動的に締めるバッテリーを搭載した“ハイパーアダプト(HYPER ADAPT)”を発売したが、将来的にはさらに進化したスマートスニーカーを作りたいと話し、着用時の状態に合わせて機能するスニーカーを考えているという。「ナイキ」はスポーツを主軸としたブランドであるが、ヘルスケアにも貢献できるのではと提案する。バスケットボールやフットボールなどのスポーツ選手は靴紐をきつく結びがちなため、数年後に足指に支障をきたすことが多いという。「足に対してきつい靴を履いていると、血流が悪くなり、足指が変形してしまう。足が故障すれば、プロ選手としての寿命も短くなってしまう。そこでだ。運動をしていないときは自動的に靴のサイズが緩んで、血流が良くなったらどうだろう」。スニーカーに搭載されたセンサーが、運動の激しさや足の形に合わせて自動的に靴の形状を調整し、休憩時などに足を休ませるという仕組みだ。「激しいスポーツにも対応するスマートスニーカーを作るのは並大抵のことではないが、やってみたい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら